充実したシルバーエイジの実現


ー城山三郎氏描く「毎日が日曜日」の笹上丑松式財テク法では面白くない。ー

「毎日が日曜日」の主人公、沖直之の九年先輩で商社の扶桑商事で定年を迎えた笹上丑松の財テクは、一面参考にはなるが、なにかイメージが暗く、勤倹型で馴染めない。まず第一に、渾名も「ウーさん」といわれるように笹上自体の性格が根クラのせいであろう。「笑う門には福来たる」の瞽えもあるではないか。女房と離婚し、一人住まいの日暮里のマンションで、末期の際、致死量の睡眠薬を飲んで大型冷蔵庫に入って死にいたる笹上の発想は人生のハッピー・エンドとは程遠い。第二に投資用賃貸物件購入による老後の備えは一応の合格点を得られるが、そこに何らのタックス・マネジメットが用意されておらず、退職後は、そこからの賃料が笹上の糊口をしのがせる程度のものでは余りにコンサーバティプで、資産拡大の芽が出てこない。第三に「毎日が日曜日」と他人には得意然としているが、その内心はわびしく、心の充足感が得られない。「豊かさ」とか「ゆとり」というのは、「暇」や「余暇」という概念とはおよそ異なるものである。第四に永い人生を過ごしながら、余りに交友の幅が狭すぎる。

家模型

ハッピー・リタイアメントにしても、それは笹上の自作自演であって、本来なら交友のなかから澎湃として笹上の送別会の開催の誘いがおこってくるようでなければならないのではなかろうか。本書による、根アカ財テク理論の実践は、勿論、若い世代からこれを志向していくことが望ましい。無手勝流の実践は無駄に「朝題目に夕念仏」となって定見のある資産形成ができない。笹上丑松のようなスポット財テクでは発展性がない。勤倹貯蓄型も好ましくない。イメージが暗いと「金」が寄ってこないし、姿勢が「守り」を志向し、拡大志向への「攻め」の態勢がとれない。森羅万象世の中に生起する総ゆる事柄に限り無い興味を持ち、時代の推移を読みとり、社会の諸制度、税制の移り変わりに洞察力を以て対処していけば自然と「財」は湧いてくる。そして永い人生の老後を明るく、愉快に過ごせるのである。


文京区で土地を購入して駐車場やマンションの運営を考えてみてはいかがでしょうか。
土地の使い方は様々にあって悩んでしまうと言う方も多いと思いますが,文京区は他のエリアには無い魅力があるのでマンション経営をお勧めです。
それは子育て,そして生活のしやすさにあります。駅の近くでの生活は通勤・通学,お買い物にも困ることは無いでしょう!
また,子育て支援にも力を入れており,児童手当を始めとして助成金も多いので様々な面で安心です。
文京区の土地を購入するならぜひ新築のマンションなんて建ててみてはいかがですか?

埼玉県内で不動産情報を探し中の方にオススメしたいエリアがあります。それは,飯能市です。飯能市は,森林と清流に囲まれている自然豊かなエリアになります。
そのため,落ち着いた生活が送れるのです。そんな飯能市で不動産情報について調べてみませんか?
飯能市には,天然温泉も湧いているから,リフレッシュすることもできます。また,駅周辺には,デパートなどの商業施設も充実しているため,生活していて不便な思いをしたことがありません。
気になった方はぜひ一度飯能市の不動産情報をご確認ください!

かつては県境の農村地帯である山科区。現在は京都や大阪のベッドタウンとして発展していて,閑静な住宅街が広がりを見せています。そんな山科区で賃貸物件を探しているのでしたら,新築物について調べてみませんか?まだ誰も生活していないので,清潔感があり快適な生活が始めることができますよ。
ぜひこの機会に山科区の賃貸情報について調べておいてください!